アカデミーブログTOPイメージ

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ復活 - 2011.02.18 Fri

冬眠から覚めて?装いも新たに、心機一転ブログを再開していく事にしました。
日々の発見や、ピラティスへの考え方、指導法、解剖学、またいろいろな出会いや発見をブログにできたら
と思っています。
宜しくお願いします。

明日は100名以上の柔道整復師(整骨院、接骨院の先生方)の皆さんの研修会にお招きいただき
臨床におけるピラティスの活用と機能回復訓練への応用と実技をお伝えさせて頂きます。

論理的な裏付けと、システマチックな問題解決のプロセスをもつストットピラティス。

その『5原則』呼吸。骨盤の配置。胸郭の配置。肩甲骨の動きと安定。頭部と頚部の配置。

バイオメカニクスを基本とするこのコンセプトに魅せられて、ピラティスの世界へと飛び込んだのが
僕とピラティスの出会いでした。
そしていずれは、医療の分野での活用を!っと探求してきただけに
こうして現在多くの医療の現場でも注目を集めるようになっている反響は嬉しい限りです。

リハビリテーションにどのようにストットピラティスが活用されるのかを
今回はまとめてみました。

1、生体力学的因子による損傷に対処する為の評価法と治療手段として。
2、機能障害に対処し、疼痛緩和させる
3、関節、神経の可動
4、骨格筋の強化
5、姿勢の制御と再教育
6、固有受容感覚刺激のインプットによる発展と強化
7、患者さん(クライアント)の意識とコントロールを活性、発展させる
8、機能的特定動作のトレーニングを提供する

こうした新たな視点で体を観察するようになって、なお一層その体の動きの魅力と不思議
潜在的な力を感じるようになりました。

明日もセラピストの皆さんの一助となるべく頑張って出掛けてきます!

機能訓練指導員講習会 «  | BLOG TOP |  » 勉強会

プロフィール

pilatespine

Author:pilatespine
STOTT PILATES公認LTC 
ビーキューブ®のブログです。
インストラクター養成
ワークショップやキャリアサポートなどピラティスに関する情報を発信してます。

STOTT PILATES リードインストラクタートレーナー
柔道整復師
神戸女学院非常勤講師
宝塚音楽学校非常勤講師 
上泉 渉(かみいずみ わたる)

エデュケーションコーディネーター
加藤 由布子(かとう ゆうこ)

私達2人が更新してます。

twitter

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。