アカデミーブログTOPイメージ

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPXリフォーマー増設 - 2012.04.26 Thu

GWが近づいていますね。マットとリフォーマーのコースがそれぞれ
連休中に開催されます。

最近では、リフォーマーを活用する、キャリアを目指す方も増えています。
さて、スタジオにはカナダから新しくSPX Reformerが届き、さらに4台増設されました!
5階のアカデミースペースが、より一層、存分に練習が出来る環境が整いました。
ビーキューブの、妥協ない最高の環境へのこだわりの一つです。
P1070319_convert_20120425164039.jpg


新しいタイプは、スプリングを支えるキャリッジ底の部分が特徴的です。
少しばかり、キャリッジの皮の感じも違うかな?

P1070316_convert_20120425163946.jpg


動きを伝える立場のインストラクターとしては、沢山動いて、体感する事が何より大事です。
存分に活用して下さいね。
若々しいスプリングの感じも体感して見て下さい。


整備が完了し次第、どんどん使っていただけるようになります。
スポンサーサイト

エクササイズ修正のポイント - 2011.12.26 Mon

今年も残すところあとわずか。
沢山の皆さんとコースやワークショップでお会いできて良かったです。

今回は、エクササイズ指導の上での修正のポイントをまとめました。

「修正」として届けているつもりの情報が、実は「現象の指摘」にとどまっているかもしれません。
「原因」に対する解決策の提案と実行の為に、様々な方法で与えられるのが効果的な修正と言えます。

そこで原因を探す上で、必要な視点をあげました。

・可動域
・スタートポジション
・基本5原則
・スピード、テンポ
・エッセンス
・器具のセッティング

動きにおいて、安定性やポジション(現象)が損なわれている場合は可動域(原因)を修正する事で改善します。

これらの項目に注意して観察することで見えてくる「原因」があるはずです。

iphone_20111224131125.jpg


Wataru

機能訓練講習会の様子 - 2011.10.19 Wed

先週、土曜日に機能訓練指導士の単位継続の講習会にお邪魔しました。

大阪府柔道整復師会さんからお招きを頂いたのは2回目です。

当日は120名の皆さんに集まって頂きました。日本の医療の分野からも
STOTT PILATESが注目されてきているのは本当に嬉しいです。



今回は高齢者の機能訓練へのピラティスの活用がテーマでした。

ミニスタビリティーボールとフレックスバンドをご紹介しました。

低負荷で、固有感覚刺激の出来るツールとしてとても便利です。

高齢者への運動指導のポイントは幾つもあるのですが、一部をご紹介しておきます。

・動きをシンプルかつ機能的なものを続けるようにする。軽い負荷を与え
 小さな可動範囲から始め全可動域へと進める。
・1つのポジションで行えるようにし、ポジションを多く変化させることを避ける。
・繰り返し回数を多くする。
                            などなど。。。。


さて今年最後のワークショップカンファレンスのお知らせもそろそろです。
お待ちしてます。

Wataru

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

pilatespine

Author:pilatespine
STOTT PILATES公認LTC 
ビーキューブ®のブログです。
インストラクター養成
ワークショップやキャリアサポートなどピラティスに関する情報を発信してます。

STOTT PILATES リードインストラクタートレーナー
柔道整復師
神戸女学院非常勤講師
宝塚音楽学校非常勤講師 
上泉 渉(かみいずみ わたる)

エデュケーションコーディネーター
加藤 由布子(かとう ゆうこ)

私達2人が更新してます。

twitter

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。